インレ『幕末尽忠報国烈士伝 MIBURO』

H2O ~FOOTPRINTS IN THE SAND~ 第12話

見終わった俺の気持ち。
( ゚д゚)

小日向はやみ役 櫻井浩美さんが「台本を読んで号泣した」のを始め、すでにアフレコを終えた声優さん達からも「何かあるとは思っていたが、まさかこの様な展開になるとは思わなかった」「コレ、本当にやるのか、と思った」など、驚愕の言葉が発せられた衝撃の結末を、その眼で確かめよ。
『H2O』は、最期にあなたの魂を打ちのめす。

う、うあ、あ?(混乱中
まさか言葉通りの意味で打ちのめされるとは・・・。
ただ、あの世界は音羽の存在や、アニメでは語られなかったが琢磨の眼などが存在しているため、
超常現象はありえるんだよな。だから生き返ったり転生しても不思議ではないんだが・・・。
なんかね、この死亡→復活の流れに既視感を感じて、これなんだろうと思ったら、
ネギま!の第1期でこんなことあったよね。(ヒロイン死亡
黒歴史認定はしたくないなぁ。
音楽はOPEDともに良曲で挿入歌も良かったし、最終話は原作ED持ってきて死角なしだったのに。
アニメの流れだと本当にはやみを嫌っていたのは村長含む一部強硬派みたいに見えなくもない。
ほたるはどこの警察を呼んだんだ?大きい町から呼んだんだろうか。
そして祖父が逮捕されたのに普通に数年後新村長をやっているほたるが不思議。
ゲーム版と服が少し違っていてちょっと残念だった。あのイケイケ感(笑)が好きなのに。
ゆい様のデュアルドリルツインには笑った。
ちなみにはまじと真紀の間に子供が出来ているのは別段驚くことではないのでとくに突っ込みナシ。
連中は2人でノーパンで過ごす仲ですから。(ゲームの話)真紀は背景じゃないよ!
ストーリーの展開がうまくなかった。早期に開眼するなら開眼するでもっとうまく持っていけただろう。
母親が死んだ理由が結局小日向家関係なさそうだったし、弘瀬家は放置だし。
まぁそれでもH2Oらしさは伝わってきたので及第点?
マジカル音羽というインパクトも残していってくれたし、これでPS2ゲームが売れれば御の字か。