インレ『幕末尽忠報国烈士伝 MIBURO』

ToHeart2 -AnotherDays-感想

公式。感想は下のほうに隔離してあります。
攻略順はプレイ日記参照。攻略も別に作りました
以下は感想になります。ネタバレありまくり。


システム面
セーブとロードの画面に行くのが手間がかかった印象。
ウィンドウにQセーブ&ロードまたはセーブ&ロードボタンがあると便利だったと思います。
コンテニュー(前回終了したところから)がありましたが、セーブしてからやめるのであまり必要はなかった。
オプション画面はPSP等のクロスバーを意識したのかな?ちなみに公式でカスタムテーマ配布中
プレイ日記でも少々書きましたが、バックログに合わせて画面やBGMも戻ります。これは結構新鮮でした。
その状態で左クリックすると1度目は音声再生、2度目は次の文に進むので、少し前をクイックロードした感じでプレイできます。
しかし、画面効果までは再現されなかったのが残念なところ。やるならそこまでキッチリして欲しかった。
さらに問題点として、ログ一覧が表示されるわけではなく、会話ウィンドウ内で1文づつ表示されるので、可読性、というか状況をざっと確認するのには向かないかも。
このシステムを入れるには背反した問題なのか?改良の余地はありそう。
似たようなシステムにFAがありますね。これは便利でした。
セーブロードが不便なのはゲームとして致命的なので評価としては△。
AnotherDays
はるみ(ミルファ)編
いきなり評価の分かれそうなシナリオでした。論点はミルファははるみではないというところですね。
最後ミルファは「ダーリン」と言っていますがこれはミルファがダーリンと呼ぶような立場になっただけではるみの記憶を思い出してるわけではないんだろうなぁ。
記憶がなくなった時に珊瑚ちゃんから全く記憶が無くなった訳ではないと言う事だったので、記憶を思い出すor片鱗を見せる辺りで終わると思っていたんですが・・・。
あと交換日記の代筆を頼んだ貴明は本当にクズ野郎だと思います。この野郎死ねやと本気で毒づきました。ヘタレ力とかそういう問題じゃないよねあれは。
メイド服のはるみちゃんもたいそう可愛かったのですが、どうせならイヤーバイザーをつけている姿も見てみたかったな。
シルファ編
シルファはもうね。ほんとかわいいよね。なにからなにまで。シルファちゃんに顔面踏んで起こされたい。
展開としては当たり障りのない普通のシナリオだったんだけど、シルファがかわいい上にイルファさんもよく出るので大満足。
というかこのルートうまくやればメイドロボ3姉妹ルートに派生できますよね!?なんで作らないの!?そこが不思議。
言語機能の障害で発言が舌っ足らずなのがシルファちゃんの問題の1つだったのでてっきりエピローグでは改善されてると思ったのにそのままであれ?って感じでした。
まぁ、かわいいからいいか。(そればっかり)
いやでもこの口調がシルファちゃんのキャラを成り立たせる上での重要なファクターの1つだと思いますよ。それとダンボール。
きっとダンボールには一家言持っているのだろう。どこかの蛇と会わせてみたいものだ。
で?いつになったら俺の家にシルファちゃん届きますかね?
よっち(吉岡チエ)編
このみとくっつけようとするも実は!な話。というかどうなんだろうこれは。初めから好きだったのか?
かなり早い段階から好意を持っているのはわかるのですがそれがいつ発生したかがよくわからん。
物語開始時はもう惚れられてたのかな。くそぅ、貴明め。このヘッキー!!ヘッカー!!!
ちなみにちゃるよりよっち派。
エピローグでのラブラブっぷりが好き。こういうのをファンディスクに俺は求めていた!いいぞもっとやれ。
ちゃる(山田ミチル)編
極道の女編。えー。うたわれの一部の方々が頑張っておりました。主にヒゲ独身の方。
ご隠居はビジュアル的にはニウェだったけど声は違ってましたね。大佐で忙しいんだろうか。(この辺は察してください
このシナリオ展開は結構嫌いじゃなかったです。読めまくりでしたけどね。
問題があるとしたらちゃるのメガネでしょうね。俺はメガネ派じゃないので一向に外してもらって構わんのですが、メガネラブな方にはちょっと悔しいかも。
まーりゃん編
あー。これはねー。まー神様だからなぁ。まーりゃんがからむとすべてのシナリオが「勢い」になりますよね。
新世界創生EDとかね。まぁささらもいれた3P見たかったな。
気のせいかまーりゃん先輩のイベントCGはどれも塗りのレベルが高かったように思います。そこは満足。
あと流石まーりゃん先輩というかほとんどのメンバーが出演してたのも良かったですね。
最後のCGがとても気に入ってます。ささら的な意味で。
菜々子編
ここで菜々子ちゃんをベタ褒めすると俺がいけない趣味の人のような気がするんだぜ?
とりあえず貴明はこのまま光源氏計画を続行しましょう。それが勝利の鍵です。
春夏編
AnotherDays本編は、ToHeart2をXRATED基準で全員のフラグ立てをした状態でのスタートなのですが、それをそのまま変化なく続けていくのがこのルートだと思います。
ToHeart2XRATEDのBADエンド、AD本編でのノーマルエンドといえるでしょう。
もちろんというか春夏さんは現在進行形で人妻なので攻略できないんですけどね。旦那ビジュアルないけど!
冒頭イベントに始まり、プールやフットサルなどで登場する春夏さんですが、やはり真価はこのルート。
どっぷりと春夏さんの魅力に浸っていればいいと思います。たまんねー。
郁乃story
愛佳ルートの後という所がそもそも問題。その時点で貴明との絡みは諦めるべきだろう・・・。
この時系列で話を展開させるならシーンは不要だった。襲われそうになる1回目だけでおk。
「苗字名前」を入れさせるのであればそれをちっきり本編に入れて欲しかったです。
苗字名前と出会ったところから本編が始まると思ったらEDだった。な、なにを言っていr(ry
ホントにこんな感じ。郁乃ストーリーというよりは郁乃プレストーリーが正しい表現だと思います。
このみ&環story
貴明がウザイ。ただそれだけ。
風呂のシーン辺りからの展開には特に不満はありませんがそこまでがなぁ。
タマ姉エロくてよかったです。
総評
総じて貴明のダメさ加減がやる気を削いでいく内容でした。ルートごとにも上下ありますが。
ヘタレといってもプレイしてる人をいらつかせるようなレベルにまで持っていくのはどうかと。
こんなに貴明ダメなやつだったっけ?と思っていたんですが、OVAを挟んだせいですね。
OVAだとほぼ完璧超人と化していたからな。あの貴明を優柔不断にした程度がベストなバランスだと思うがどうか。
不満点は多々ありますが、地雷と呼べるレベルではなかったなと。郁乃好きには地雷かもしれませんが・・・。
まぁ良くも悪くもファンディスククオリティだった。フルプライスで買ったにしては物足りない。
AD本編のシーン数はもう少し多くても良かったと思うし、メイドロボ3姉妹がもっと絡んで欲しかった。後半は俺の願望ですが。
PS2のオリジナル版やXRATEDをやって、ToHeart2の世界をより味わいたい人は買って損はしないです。
ただし、多少の覚悟が必要な場面もあると臨まないといけない作品だということが残念な作品でした。